ユージーランドボディーBLOG

筑波サーキット、DTMチャレンジ!第3戦。

9月23日(祝)
筑波サーキットにてバトル!





ベンツSLのお話。

前回、富士スピードウェイではオーバーヒート気味でしたので

熱対策として、ラジエター交換を試しました。






が、しかし、

アルミ3層にしたものの、水温が上がってしまいNG。。。。。

結局、元のノーマルラジエターに再度交換。トホホですね


DSCF3707.jpg
あー画像が。(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン








DSCF3827.jpg

ということで、アルミ3層ラジエターは諦め、

スーパーチャージャーをより冷やし、パワーを出すため

黒いオイルクーラーの後ろにあるラジエーター(I/C用)を取付。

こちらは3層トリプルターンです。


循環ポンプを追加し、

ラジエター液が右、左、右と蛇に様にラジエター内を蛇行。

これにより効率良く冷えます。







DSCF3846.jpg

さて、

こちらのブレーキのテストも兼ねて

9月23日(火)筑波サーキット2000

リアルグランツーリスモ・DTMチャレンジ第3戦。

レースに行ってきます。




暇な方は是非、応援にいらしてください。

決勝は11:30頃より。
(ちなみにレースに出る方は朝6時~13時まで。興味のある方はまだエントリー間に合うかもです。)



今回はBパドックに集合になります。皆様をお待ちしております(笑)

確かこの日、BMWのお祭りだった様な。。。。。

たまには早起きしましょうか。








国産はもちろん
ベンツのチューニング&カスタマイズほか、
ご相談、お問い合わせはお気軽に!!


↓お問い合わせはコチラまで↓
ユージーランドMAIL:gogogo@youzealand.net















スポンサーサイト
  1. 2014/09/18(木) 20:36:22|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

6ポッドブレーキの巻。

遂に発売!
オリジナルブレーキキット!!
今回はちょっと話が長いですよ。





今回もイイ物が出来ました!

そう、オリジナルブレーキキット!!


まずは比較画像から。



31セルシオに装着。


左側はご覧のように薄型でシャープ!

右側のキャリパーはリア用ではありません。一般的なフロント用です。

ローターは大径の380mm。キャリパーはオリジナル6POT。超~カッコィィ~





DSCF3737.jpg

この低さ!

20インチホイール!

そして、このブレーキで完璧です!!!!!



さらに、

DSCF3738.jpg

リア用も380mmローターに6POTキャリパーの超贅沢仕様!!

通常、リアは4POTが一般的ですが、これからは前後6POTです。

キャリパーはモノブロック・鋳造アルミのため、大きさの割には軽い仕様です。





さて、止まるために重要なブレーキパッドは…

DSCF3866.jpg

各ブレーキメーカーで普通に販売しているものが使えるので安心です。
左から、アクレ、エンドレス、ディクセル





ちなみに、

DSCF3721.jpg

ローター径が大きくなると、色々な問題が発生します。
特に多いのが、ブレーキの効き具合とジャダーの問題。

効き具合については上で紹介したパッドで調整できます。


しかし、問題はジャダー。

ジャダーとはブレーキング時にブレること。
GT500(レース車)でさえ、380mmローターを使っています。
それは径によるジャダーが問題…だそうです。

GT500も今年からはカーボンブレーキになりましたが
扱いづらいのと相当高価ですから……

仮に計算すると…
カーボンブレーキローターは1枚60万円、4枚で240万円
専用キャリパー4個で200万円、パッド40万円

あ~計算できない。

なので、一般的にはまだまだスティールローターが主流です。




で、

当社ブレーキキットはレース用として開発したわけではありませんが

ローターの表面を見て頂くとわかると思いますが、精度がハンパないです。

DSCF3768.jpg

限りなく平面な定盤ラグプレート(墓石に見えますが)
公差は3μ以下、そこに0.03mmのシックネスゲージ(一般的に測れる一番薄い板)を挿してみます…
0.03mmといったらアレですアレ。
でも、入らない。。。。。

0.03mmのゲージが一箇所も入らないということは、
恐らく0.015mm以下の精度!!
特に380mmを超えるローターは精度=性能と言っても過言ではありません。


つまりローターがブレない!

ジャダーの問題を解消!


というわけです。


また当社では、ローター全体が腐食しない様、オプションでメッキ加工も行います。
※上の画像

ただし、ローターの表面にメッキしたままだとパッドとの相性が悪くジャダーの元になるため
メッキ加工後、改めて平面加工しています。










こちらは、LS600h

DSCF3872.jpg

LS460とLS600hは 前後405mmドリルドローター になります。

ホイールは21インチ以上に対応。ちなみに画像は22インチです。


DSCF3873.jpg

リアも迫力の405mmです。







こちらは 180マジェスタ

DSCF3888.jpg


フロントは380mmドリルドスリット。

キャリパーは特注で仕上げました。

カラーキャリパーに研磨加工も目立ちます!

DSCF3892.jpg

DSCF3890.jpg

リアも380mm







さらに、
こちらは開発中の ベンツ用ブレーキ/リア側

DSCF3842.jpg

AMG4ポッドキャリパーが可愛いく見えます。

DSCF3838.jpg

試作品ですが、サーキットをメインで走るためスリットにしました。

ボクのベンツのホイールは18インチですんで、キャリパーを削り無理くり入れています。

実際の商品はホイールサイズ19インチ以上対応になります。

DSCF3846.jpg

300㌔で走ると、こんな感じです(笑)

DSCF3850.jpg









オリジナルサスからブレーキキットまで
ご相談、お問い合わせはお気軽に!!


↓お問い合わせはコチラまで↓
ユージーランドMAIL:gogogo@youzealand.net






















  1. 2014/09/04(木) 16:42:10|
  2. 新製品情報!!
  3. | トラックバック:0

プロフィール

ユージーランドボディー

Author:ユージーランドボディー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の作業。 (122)
開発中 (15)
新製品情報!! (25)
お知らせ (8)
未分類 (10)
イベント (43)
製作中。 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR